子供のための治療|ヒアルロン酸注入でピチピチ時代の肌に戻る
婦人

ヒアルロン酸注入でピチピチ時代の肌に戻る

子供のための治療

ウーマン

子供の物心がつくまで

子供が生まれてから刺青を除去したいと考える人は少なくありません。プールや公衆浴場などでは刺青のある人は入れないところが多くあります。そのため、子供と一緒に遊べる範囲が限られてしまうわけです。そこで子供が物心がつくまでには消したいと思うのが親心です。その方法として頻繁に使われるのがレーザー治療となります。これは繰り返しレーザーを照射することで少しずつ刺青を薄めていく方法です。刺青の状況などにもよりますが、多くの場合は長くても2年ほどで効果が得られると言われています。つまり、子供が生まれてから物心がつくまでには綺麗にできる可能性が高いのです。子供との思い出作りのためにもレーザー治療はオススメです。

日焼けは控えること

そのレーザー治療による刺青の除去をするときは、なるべく日焼けをしない方が良いとされています。なぜならば、使われるレーザーは黒い色素に反応する作用を利用しているからです。つまり、刺青の墨だけでなく、日焼けしてできたメラニン色素まで反応することがあり、そうなると効果が半減してしまいます。そのため、より刺青除去の効果を得たいと考えるのならば、日焼けはあまりしない方が良いと言われています。ただし、それはレーザー照射するとき、照射する部分の話です。例えば、背中に刺青がある場合は手や顔などが日焼けしたからといっても、レーザー治療に影響を与えることはありません。その辺は十分に留意しておいた方が良いでしょう。